お役立情報

登山ってなにが楽しいの?効率追求の時代に逆行する登山。

投稿日:

みなさん、こんにちは。PaPa登山です。

今日は、

「登山ってなにが楽しいの?」

っという質問にPaPa登山なりの考えを書いていこうと思います。

よかったら最後までみてください。

1.よく聞く回答

PaPa登山の考えを見る前に、色々な人の考えを見ていきましょう。

1.1有名人の言葉

「なぜ、あなたはエベレストに登るか?」
「そこにエベレストがあるから」 by ジョージマロリー

日本では「そこに山があるから」と和訳されています。
このジョージマロリーの言葉は、記者に同じ質問ばかりされることに嫌気をさしたマロリーがやけくそで答えとされていますが、真相がわからない有名な話です。

1.2その他によく聞く言葉

  • 「綺麗な景色を見たいから」
    普段見れない景色をみて心を癒されたいから。
  • 「運動をしたいから」
    普段あまり体を動かさないので、運動がてら登るようにしている。
  • 「なぜ人は山を登るのか、その答えは山を登った人しか知らない」
    何事も初めてみないと中身はわからない。この登山が楽しいかどうかを判断するために登る。
  • 「生きているから。」
    生きていないと水すら美味しく感じないから、ご飯すらたべれないから、日常は尊いから、それを得るため感じるため、確認するために非日常的な登山をしている。
  • 「名声・権威」が欲しいから
    この分野で一位になりたい、雑誌やインタビューで華やか飾りたい、この分野でだれかに頼られたい、そのために登山をしている。
  • 「報奨金がもらえるから」「仕事だから」
    ガイド仕事として、登っている。この山を登頂することを前提にスポンサーからお金を頂いている。
  • 「山登りは生き方そのもの」
    山に登る事で自分の立ち位置が見えてくる、自分を見失わないために登っている。

などなど、ユニークな答えが沢山ですよね。

どれも素晴らしいと思います。

ですが、PaPa登山は少し違っています。

2.PaPa登山がなぜ山に登るか

2-1.登山するときに思うこと

PaPa登山は登山するときよこのようなことを考えています。

2-1-1.正直絶景は「おまけ」みたいなもの

PaPa登山は絶景をみたいから登山をしているわけではないです。

よく写真を撮ってブログに挙げていますが、たまたま登った山で景色が良かったから撮影しているだけです。

絶景を見るために登っているわけではないのです。

なので正直絶景は「おまけ」みたいなものです。

2-1-2.疲れることは嫌

誰だって疲れるのは嫌だと思います。

PaPa登山もそうです。
わざわざ疲れに行くようなことはしたくないです。

PaPa登山は理系大学出身なので、超効率主義です。

仕事もいかに早く終わらせるか、どうすれば最短で一番良い結果を生み出すことができるかよく考えています。

そもそも休みの日に疲れに行ってどうするのか。

その答えがわかりません。

なのでただ疲れに行くようなことはしたくないです。

2-1-3.家族をほったらかしていくほどの物なのか

PaPa登山には息子が一人います。

今の時点で3ヶ月です。

とてもかわいいです。
ずっと一緒にいたいです。
食べてしまいたいぐらいです。

そして妻のことも愛してます。
できればずっとそばにいたいです。

そんな妻や息子をほったらかしてまで登山にいくなんて、よっぽどの理由がないかぎりしたくないです。

まだ幼い息子の大変な世話を妻一人にまかせて一人遊びに行くなんてできないです。

2-2.それでも登山する理由

では、なぜ登山をするのか説明していきます。

2-2-1.自分より圧倒的に強い自然環境

自然はひとたび牙をむけば人間の力や知恵、技術程度では絶対に勝てません。

ほんのちょっとした自然のきまぐれで簡単に命を落としてしまいます。

そんな自然の中を一人で歩いていると、生きているということがいかに奇跡なのか実感することができます。

だからこそ今この1秒1秒を大切に生きようと頑張れるし、今命を落としても悔いのないように生きよう思うことができ、生きる活力が湧いてくるのです。

だから定期的に山に登り、生きる活力を自然に頂きに行っています。

2-2-2.自分と向き合える

静かな山を歩いていると、不思議と過去の事を思い出します。

仕事、家庭、育児、人生…

別に悪いということはしてはいないのですが、その時は最善だったけれども、もっとあの時ああしておけばよかった、あの発言は駄目だった、あの時あの人はどう思っていたのか、もっと育児に参加するべきだよな等、様々なことを考えてしまいます。

これはPaPa登山だけかもしれませんが、登山中にある段階で五感を閉じてしまっていて、ひたすら内向きに物事を考えてしまう傾向があるからだと思います。

ただ先ほども言ったのですが、PaPa登山は超が付くほど理系なので、駄目だと思ったら、なぜ駄目なのか、駄目にした理由はなんなのか、どうすればよかったのか、次にどう活かしていけばいいのだろうかと考えてしまいます。

なので、たいてい山から下りると自分の中でもやもやしていたものがすっきりして、より良い生活や人生を送にはどうすればよいのか考えがまとまります。

なので定期的に山に登って自分の行いを正しています。

2-2-3.頂上の絶景は、今までの人生自分が歩んできた苦労が報われる気がするから

現在PaPa登山は、フリーランスとして生計を立てています。

会社を辞め、独立し、失敗し、またサラリーマンをやって、また独立して。。。

やっとの事でなんとか生活しています。

ここまでくるのに本当に大変でした。
何度か人生をあきらめた時もありました。

それでも周りに助けられ今生きています。

そして子供が生まれ今とても幸せです。

この経験は登山と非常に似ています。

大変なので途中何度も登るのあきらめようと思うことは頻繁あります。
なぜ登るのかすら意味がわからない時もあります。
それでも頂上まで行かなければ、なにも見えてこないのが登山です。

途中であきらめてしまったら、頂上の素晴らしさなんてわかりません。

人生も一緒です。

今は絶望しかない人生でも、あがいてもがいて頂上まで行けば、きっとなにか見えてきます。必ず。

PaPa登山はそれを経験しました。
そして見ることができました。

その時の事を忘れないためにもPaPa登山は登山をやっています。

2-2-4.美味いごはんが食べたい

これは単純に、疲れてるときのごはんが美味しいからです。

空腹は最高のスパイスと言われるぐらいなので。

頑張って登頂したときのごはんはとても美味しいです。

3.まとめ

PaPa登山が登山する理由は、

  • 明日にむけて生きる活力が欲しいから。
  • 甘えた環境でぬくぬくと育ちたくないから。
  • 常に危険と隣り合わせで一歩間違えれば人生が終了するということを普段の仕事や家庭においても肝に銘じられるから。
  • もし明日命が終わるとしても後悔したくないという気持ち常に持っておきたいから。
  • 人生あきらめなかったら必ず幸せが訪れということを忘れたくないから。
  • 美味しいごはんが食べたいから。

これが登山する理由です。

登山になにを求めるかは、人それぞれです。
それを否定も肯定もしません。

大事なものがなにかを決めるのは他人ではなく本人だからです。

だからみなさん思い切って登山をしましょう。

もしよかったら皆さんがなぜ登山をするか教えてください。

それではみなさん、快適な登山ライフを。

ブログランキングIN

ブログ村IN

ブログランキング・にほんブログ村へ

-お役立情報
-, , , , , , , ,

Copyright© 初心者登山家 PaPa登山 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.