山岳ニュース

登山で行方不明の"15歳男子高校生"3日目の捜索始まる…自衛隊加わりドローンも投入「まだ見つからず」

投稿日:

なんとも、気になるニュースが飛び込んできました。
すでに3日経過し捜索規模をひろげているが、発見に至らず。
とにかく早くそして無事に発見されることを願います。

登山で行方不明の"15歳男子高校生"3日目の捜索始まる…自衛隊加わりドローンも投入「まだ見つからず」

北海道函館市の恵山で、5月15日家族と山登りをして行方が分からなくなっている15歳の男子高校生の捜索は3日目の17日朝から再開されましたが、まだ見つかっていません。警察は引き続き情報提供を求めています。

行方がわからなくなっているのは、函館市深堀町の高校生、佐藤晶さん(15)です。

佐藤さんは15日午前8時ごろから、2人の姉と一緒に恵山に山登りにでかけ、頂上に着いた後先に山を降り、その後行方が分からなくなっています。

家族が付近を捜索するも見つからず 15日午後8時ごろに警察に通報しました。

恵山は標高618メートルの活火山で、標高300メートルの火口原駐車場まで車で行くことができ、佐藤さんも姉2人とこの駐車場から頂上へ向かいました。

標高差約310メートルは片道70分ほどで、佐藤さんたちも午前9時30分ごろに山頂に到着。その後別れて姉2人が待ち合わせ場所の駐車場に午前11時ごろに戻った際、佐藤さんの姿がなかったということです。

 警察は遭難したとみて15日に続き、16日早朝から警察と消防など50人以上の態勢で佐藤さんを捜索しましたが、現場付近は濃い霧に包まれ捜索は難航。午後5時に中断しました。

 3日目の17日は警察、消防などに自衛隊60人も加わり約150人態勢で午前4時30分から捜索を再開しました。

 前日の霧は晴れて見通しはいいということで、自衛隊がドローンを飛ばす上空からの捜索も行っていますがまだ見つかっていません。

佐藤さんは携帯電話や食料は持っておらず軽装だったということです。

警察は、当日山頂で撮影された佐藤さんの写真を公開し、情報提供を求めています。 
≪函館中央警察署 0138-54-0110≫

UHB 北海道文化放送

はやく見つかってほしいです。

北海道函館市の恵山(えさん)について少し調べてみました。

標高618メートルの恵山は今も噴気をあげる活火山で、渡島半島の南東端、太平洋に突き出た位置にある。標高300メートルの火口原駐車場までは大型バスも登ることができる。

火口原駐車場~恵山山頂(権現堂コース)まで片道70分。
標高差310m。

恵山は活火山指定されており、
火口付近は火山ガスを含む噴気がでている。
突然噴火する可能性も否定できない。

そしてヒグマも出没する。

GoogleMapでみると、難易度や体力がさほどなくても登山ができそうな山。
それほど背の丈が高い木もない。
ガレ場もチラホラありそうだが、
登山道はしっかりとしていて整備されているように見える。
周囲も容易に確認できそうな山。

しかし遭難というものは、どれだけ体力があっても、
それだけ単純な山でも、どれだけ見渡しが良くても、
起こってしまう。
そして一度遭難してしまうと不安で精神力、体力がものすごく削られる。

だから低山だとしても装備はしっかりとしていかなくてはいけない。

温かくなってきたとはいえ、夜は冷え込み、
さらに体力を奪われるだろう。

よく遭難したときは、
「頂上に向かって歩け」
「沢づたいに下山」
「体力温存のため動くな」
と言われる。

一度遭難したことが私にもあるのだが、
そのとき感じたことは
「正解は絶対にない」だ。
唯一あるとすれば、「運が良かった」ぐらい。

それほど遭難してしまうと絶望的になる。

現在も警察、消防、自衛隊の方々が
懸命に捜索して頂いている。

一昔前では、徒歩にて捜索、ヘリコプターで空からの捜索が
一般的であったけど、今は昔と違い、ドローンもある。
捜索の仕方も変わっているだろう。

ドローンにスピーカを付けて呼びかけるなり、
光を放つなり、色々できるはず。
そして、ヘリコプターを1台準備する労力より
はるかに優れている。

ドローンを数十台準備してローラー作戦も可能なはず。
人類の英知を絞って、なんとか助けて欲しい。

「絶対にあきらめない」
この気持ちをどうか持ち続けてほしい。

そして自分もこれを機にもう一度、遭難したときの心構えと
道具の準備を揃えなおしておこうと思った。

現地で飲料水を確保する方法、火を起こす道具、地図、コンパス、
スマホにソーラー充電器、エマージェンシーシート、非常食。

これだけ揃えておけば数日は持つ。
さほど荷物にもならないし、常にザックには常備しておこう。

そして一番役に立つのが懐中電灯。
夜にモールス信号並みに光らせれば、すぐに発見されるだろう。
最近の懐中電灯であれば、光が非常に強いものあるので
昼間でも確認ができるかもしれない。
それでいて小型だから、必ず携帯しておきたい。

低山、行きなれた山だからと絶対に油断はしないこと。
いつ自分が遭難者となるかもしれないということを
肝に銘じておこう。

ブログランキングIN

ブログ村IN

ブログランキング・にほんブログ村へ

-山岳ニュース
-, , , , , ,

Copyright© 初心者登山家 PaPa登山 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.