カテゴリー 山行記録

金峰山 4山目

投稿日:

みなさん、こんにちは。
7/18、山梨県と長野県の県境にある金峰山に登ってきました。

この「金峰山」は、
山梨県では「きんぷさん」
長野県では「きんぽうさん」と呼ばれているみたいです。

季節は夏でしたが、比較的涼しく
とても快適な登山でした。

1.金峰山

山梨県甲府市と長野県南佐久郡川上村の境界

標高:2,599m
距離:5.5km
参考タイム:5時間
体力度:★★
難易度:★★★

2.登山コース

登山コースは2つ。
瑞牆山荘登山口コースと大弛峠登山口コース

瑞牆山荘登山口コースを選びました。

3.見どころ

  • 砂払いノ頭:富士山をはじめ、色々な山が一望できる。
  • 鎖場:簡単な鎖場が体験できる
  • 大日岩:大きく迫力のある岩
  • 千代ノ吹上:絶壁
  • 五丈岩:山頂のシンボル

4.山行記録

6:30瑞牆山荘駐車場に着。
ここの駐車場は無料で100台の車が駐車できるみたいです。

まずは登山口。
しっかりと登山計画書をだそう。

ゆっくりと登山を開始。
緑が広がる心癒されるひと時。

しばらくすると、「富士宮平小屋」
ここではテントを張る人もいた。

しばらくは、こんな道。

「大日小屋」に到着。
ここは宿泊施設で、約80人が収容できる模様。
ちなみに素泊まりで2,500円らしい。

この「金峰山」は大きな石がいきなり現れる。

そして第一の「鎖場」。
鎖場を登ることが初めてだったので、少し不安。
実際登ってみると、意外と簡単だった。
これは初心者向き。
ただ持って行ったステックが邪魔・・。
ザックに無理やりさして登る。

少し開けた。

そしてまたまた「鎖場」。
ここも簡単に登れる。初心者の自分でも登れた。
ただし、グローブの損傷が激しい。

「大日岩」に到着。
歩いていると突然現れ、見上げてびっくり。
そうとうでかい。
登れそうなので挑戦しようかと思ったが、
意外と滑りそうなのでやめた。

そうこうしているうちに「砂払いノ頭」に到着。
眺めが良い。

奥に見えるのが南アルプスと八ケ岳(雲で見えない)
手前に見えるのが瑞牆山。
この日はみれなかったが、雲がないと富士山も見える。

この登山道は本当に大きい岩がゴロゴロしている
っていうか、これはさすがに危ない。

絶妙なバランスで落ちない。風が吹いたら落ちるのでは。。。
なぜ落ちない。物理を勉強しているのが馬鹿らしく思える。。

そして「千代ノ吹上」に到着。

ダイナミック。こんな絶壁みたことがない。すごい急斜面
ここを登る人がいるのだろうか。

左上にチョコンと頂上が見える。
えっ、この千代ノ吹上の稜線をいくのか、、、ガクブル。。。

家康君もびっくり。

またでたよ、鎖場・・・
まあでも慣れたので、なんなく登れる。

瑞牆山が綺麗だ。
本当なら奥に、南アルプスや八ヶ岳が見えるのに残念・・・

振り返ってみると、すごいところを歩いてきたな。

頂上が近くなってきた。
あれが五丈岩か。

papa登山、絶壁を歩く・・・
こわっ!

もうすぐ頂上。
この稜線すごくきれい。

五丈岩近くでみると迫力ある。

11:40登頂。疲れた。

 ちょうどいい所に雲が。。。

五丈岩に登っている人が多数いた。

登ろうとしたが、先にご飯を食べてしまって、めんどくさくなる・・・

なんか基本的に、岩が今にも落ちそうだよね・・・

雲が多数ありましたが、眺めは最高でした。

無事、下山!
家康君、お疲れ様でした。

5.総評

今回は一人で「金峰山」に上りました。
登山した感想は、さほど体力はいらないのに
見どころが沢山あってお得な感じでした。

そしてなんといっても壮大な景色をみることができる。
写真映えするスポットもたくさん。
シャッターを押す手がとまりませんでした。

あと頂上が確認しやすく、モチベーションが保たれます。
他の山だと、登山中は中々頂上が見えず、
「あとどれくれらい登るんだろう」と
不満がでてくるのですが、
「金峰山」では、「もうちょっとだ」と思えることが
できたので、常に楽しかったです。

今回は雲が多く残念だったのですが、
天気がよければ富士山や遠くの山までしっかりと見えます。
また挑戦しようかな。

あと鎖場が体験できるのもよかったです。
人生で初めての鎖場だったので不安でしたが
なんなく登れました。
以外と初心者向きの山かなと感じました。

この日の登山者は比較的少なく、
鎖場も込み合うことがなく、
下からのプレッシャーもなかったので
思う存分楽しめました。

みなさんもぜひ「金峰山」に登ってみてください。
ではでは。

【登山時の注意点】

  • しっかりとした登山装備で入山しましょう。
    (足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、帽子、
    ザック、ヘッドランプ、速乾性の衣類、食料、水など)
  • 登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
  • もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
  • 遭難したときの備えをしよう

ブログランキングIN

ブログ村IN

ブログランキング・にほんブログ村へ

-カテゴリー, 山行記録
-, , , , , , , ,

Copyright© 初心者登山家 PaPa登山 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.