山岳ニュース

静岡県浜松市、歴代最高気温タイ記録!!41.1℃

投稿日:

みなさん、こんにちは。PaPa登山です。

連日暑い日が続いておりますが、本日PaPa登山の住む静岡県浜松市で、
歴代最高タイ記録41.1℃の気温を観測しました。

体感的には、家から一歩外に出るだけで「暑い」という感覚はなく
空気が異常なほど熱いので息苦しかったです。

汗をかこうにも、暑すぎて汗もでにくかったです。

こんな風に熱中症になるのかと、少し恐怖を感じました。

参考:【登山初心者必読】知らないと危険、熱中症の怖さ

今日は、歴代最高気温タイ記録を更新したということで、気温について色々と調べてみました。

ぜひ最後まで読んでいってください。

1.気温観測の方法

まずは以前から気になっていた気温の観測方法なのですが、一体どのように観測されているのか調べてみました。

気象庁によると、「風通しの良い場所で、直射日光が当たらず、芝生の上1.5mの場所で、気温計を筒の中に入れ、電動ファンで筒の中に外気温を取り入れて測定する」と書いてありました。

つまり公称の気温の値は、「涼しくて日が当たらず、照り返しの少ない場所」で観測されています。

私達が普段感じている気温とは、かなりかけ離れた条件で観測されています。

従って生活圏内の気温はさらに高くなっていると思われます。

例えば、アスファルト上で、車の排ガスや太陽の照り返しがある道路、コンクリートの建物に囲まれた場所、風通しが悪く、直射日光があたる場所などでは、観測所で観測された気温よりはるかに高くなっていると思われます。

今日PaPa登山は仕事で車に乗りましたが、車内温度が48℃、車外温度は45℃を示していました。

クーラーが効き始めるまで、汗が止まりませんでした。

このように、観測所で観測された気温と、実際感じている気温とでは大きく差があります。

これは悪いというわけではありません。

各観測所で観測する条件が異なってしまえば比較できなくなるからです。

なので参考程度に捉える必要があります。

2.最高気温ランキング

続いて気になる、最高気温のランキングを見ていきましょう。

2-1.日本の最高気温ランキング

  • 1位 41.1℃ 静岡県浜松市 (2020年8月17日)
    埼玉県熊谷市 (2018年7/23日)
  • 3位 41.0℃ 岐阜県美濃市 (2018年8月8日)
    岐阜県金山町 (2018年8月6日)
    高知県江川崎市 (2013年8月12日)
  • 6位 40.9℃ 静岡県浜松市 (2020年8月16日)
    岐阜県多治見市 (2007年8月16日)

PaPa登山の住む浜松市は、今日と昨日で2つもランクインしてしまいました。

2-2.世界の最高気温ランキング

では、世界の最高気温ランキングはどうなっているのでしょうか。

  • 1位 56.7℃ アメリカ ディスバレー (1913年7月10日)
  • 2位 55.0℃ チュニジア ケビリ (1931年7月7日)
  • 3位 53.9℃ クウェート ミトリーバ (2016年7月21日)
  • 4位 53.7℃ パキスタン トゥルバット (2017年5月28日)

やはり、世界は広いですね。

日本の気温より10℃以上高いなんて。

とてもじゃないけれども、住みたくないですね。

3.日本の酷暑には気を付けろ

さて、日本の最高気温ランキング、世界の最高気温ランキングを紹介しましたが、気温が高いほうが危険度も高くなるというわけではありません。

日本の熱さには隠れた怖さがあります。

それは湿度です。

日本は四方を海に囲まれ、山あり谷ありの地形が多く、水資源も豊富なため、高温多湿です。

この高湿度が高気温に掛け算されることによって、危険リスクが倍増してしまいます。

前にも説明しましたが、湿度が高いと汗が蒸発せず、気化熱を利用して体温を下げることができなくなるからです。

日本の酷暑は湿度があるので、乾燥している大陸に比べ、要警戒しなくてはなりません。

また海が近いため、積乱雲が陸地にすぐ移動してきて、突発的にな雷雨やゲリラ豪雨になりやすいです。

また、気温が夜になっても下がらず、降った雨も乾かない高湿度がつづいた「熱帯夜」も、熱中症になりやすい危険を含んでいます。

このように、気温が高いだけで危険を判断せず、湿度も考慮して対策をしていきましょう。

4.酷暑はいつまで続く?

ではこの酷暑はいつまでつづくのでしょうか。

現在、九州南部に高気圧があり、静岡県浜松市ではこの時期としては珍しい北西風が吹いており、その影響によるフェーン現象が起こっているために高気温が続いています。

予報では8月21日金曜日までは、36℃以上を保ったままだそうです。

まだまだ警戒が必要ですね。

5.登山は行っても大丈夫

「この時期、登山にいっても大丈夫なのか?」という質問を受けました。

PaPa登山の答えは「行っても大丈夫だけど、熱中症対策は必須」です。

登山は森林があり日陰ができる場所ばかりではなく、空がひらけているところもあります。

そのような場所では、直射日光で体温があがり、体力を奪い、水分も奪う。もちろん近くに緊急避難する場所もない。

運よく森林があって、日陰に入ることができても、風通しが悪く、湿度が高ければ、どれだけ水分をとっても体温を下げることができず、熱中症なってしまいます。

この時期に登山をしても良いとは思いますが、体力のない人、知識がない人は控えたほうが絶対に良いです。

6.まとめ

PaPa登山が住む静岡県浜松市で歴代最高気温タイ記録を観測しました。

外は暑いのではなく、息がしにくくなるぐらいの熱波に見舞われています。

そしてコロナウイルス。。。

41℃を超える中、マスクをしながらの外仕事ははっきり言って意識が朦朧とし、非常に危険です。

参考:一般的な生地より最大3.8度涼しい夏用マスク、予約販売を開始!!

例えるなら、サウナの中でマスクをしながらスポーツをする感覚です。

PaPa登山はしっかりと熱中症対策、コロナ対策をして仕事をしています。

皆さんも気を付けてはいるとは思いますが、しっかりと対策していきましょう。

それでは快適な登山ライフを。

ブログランキングIN

ブログ村IN

ブログランキング・にほんブログ村へ

-山岳ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© 初心者登山家 PaPa登山 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.